スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
【登場人物紹介】(このお話の舞台になるお店は架空の存在です)
店長(画像はイメージです)

好きなことなら勉強が苦にならないタイプ。むしろ勉強が趣味の勢い。
シリアスに耐えられずにギャグに逃げることがしばしば。
意外にも乙女チック好き。小籠包に戦いを挑んでは、いつも敗北して火傷している。
手先は結構不器用。




tiyo.jpg
弟子(自称・画像はイメージです)
押し掛け弟子。近所に住んでるので、連日適当にやってきて手伝ったり邪魔したりして帰っていく。
「面倒なことはしない・考えない」が信条。自分で調べるより人に聞くタイプ。
難しい!と思った瞬間に思考がシャットダウンする悪い癖がある。
ゴマ団子に戦いを挑んでは、いつも揚げたてに当たらず不戦勝。







おおおお!目が!目がァー!!
どこからかムスカの叫び声が聞こえると思ったら、お前か・・・
めちゃくちゃ痛い!店長、この石けんめちゃくちゃ目にしみますよ!泡立ちも異様に悪いし、不良品!
ああ、オリーブオイル100%の石けんか。目に入っちゃったらよく洗い流さないと・・・って、人の家に上がり込んだ上に何を勝手にお風呂まで使って!
商品モニターですよ!草むしりしてたら汗かいちゃって
草むしりはありがとう。どこの妖精がやってくれたのかと思ったよ。
オリーブオイルだけの石けんは、泡立ちが悪いんだよ。オリーブオイルの主成分はオレイン酸で、この脂肪酸は石けんにしたときに刺激も少ないし汚れ落ちはいいけど、泡立ちは悪いし溶け崩れもしやすいという特徴がある。

すべすべするけど、欠点だらけですね
だから、ほかに泡立ちが良くなるオイルや、溶け崩れが少なくなるオイルと組み合わせてレシピを作ることで、使い勝手が良くなるようにみんな工夫をしてるんだね
そういうことなのかー。でも、オリーブオイル100%の石けんって、それだけで凄くなんというか「いい石けん」ってイメージがありますよ?
作るのに手間も時間もかかるし、刺激性が低いからね。泡立ちが悪くても洗浄力はあるし、そういう使い勝手の悪さを気にしなければいい石けんだよ。
スポンサーサイト
華麗なる石けん屋 | コメント(0) | トラックバック(0)
【登場人物紹介】(このお話の舞台になるお店は架空の存在です)
店長(画像はイメージです)

好きなことなら勉強が苦にならないタイプ。むしろ勉強が趣味の勢い。
シリアスに耐えられずにギャグに逃げることがしばしば。
意外にも乙女チック好き。小籠包に戦いを挑んでは、いつも敗北して火傷している。
手先は結構不器用。




tiyo.jpg
弟子(自称・画像はイメージです)
押し掛け弟子。近所に住んでるので、連日適当にやってきて手伝ったり邪魔したりして帰っていく。
「面倒なことはしない・考えない」が信条。自分で調べるより人に聞くタイプ。
難しい!と思った瞬間に思考がシャットダウンする悪い癖がある。
ゴマ団子に戦いを挑んでは、いつも揚げたてに当たらず不戦勝。







難易度のおはなし

石けんって作るの難しいんですか?
難しくないです。お菓子作りと工程的にも難易度的にも似た感じ。私としては、納得できるくらい美味しいスポンジケーキ焼く方が、余程難しく感じる
ああ、店長はロールケーキが巻けない人ですもんね・・・
スポンジケーキに生クリーム乗せて食べればいいじゃない!
難しくないけど、ちゃんと準備や防護しないと危ないよ。火傷したり、最悪失明の可能性があるって

失明!?そこ、物凄い問題じゃないですか!
ちゃんと注意して、物をひっくり返したりとかしなければ、まず事故は起きません。現に私は10年以上やってるけど、自分でわかるほどの火傷をしたのは一度だけだよ。目に入ったなんてことは一度もない
 
界面活性剤のおはなし


石けんって界面活性剤じゃないから、使っても安心ですよね!
いや、石けんって界面活性剤ですけど?合成じゃないってだけで
え、そうなの!?
そもそも界面活性剤って、水と油という混ざりあわないもの同士をなじませるものだよ。界面活性剤には親水基と親油基っていうものがあって、それぞれが水分子と・・・
ゴメンナサイ、何言ってるか耳が理解を拒否するんですけど
高校の家庭科の教科書に載ってたよ!?洗濯の理論勉強しなかった?油汚れが親油基とくっつくことで、水の中に溶かすことができるって。私あれは感動したんだけど
そんなものいちいち大人になってまで覚えてないよ!
意外と生活の上で大事なことって、教育課程で習うんだよねー。大人になってからそれに気づいたときは手遅れでさー・・・って人の典型例だな!
とにかく、界面活性剤ダメって意見は何が基準なのかによっていろいろ意見があると思うけど、石けんも界面活性剤の一種です

華麗なる石けん屋 | コメント(0) | トラックバック(0)
【登場人物紹介】(このお話の舞台になるお店は架空の存在です)
店長(画像はイメージです)

好きなことなら勉強が苦にならないタイプ。むしろ勉強が趣味の勢い。
シリアスに耐えられずにギャグに逃げることがしばしば。
意外にも乙女チック好き。小籠包に戦いを挑んでは、いつも敗北して火傷している。
手先は結構不器用。




tiyo.jpg
弟子(自称・画像はイメージです)
押し掛け弟子。近所に住んでるので、連日適当にやってきて手伝ったり邪魔したりして帰っていく。
「面倒なことはしない・考えない」が信条。自分で調べるより人に聞くタイプ。
難しい!と思った瞬間に思考がシャットダウンする悪い癖がある。
ゴマ団子に戦いを挑んでは、いつも揚げたてに当たらず不戦勝。








溶け易い石けんのおはなし

店長!石けん異様に溶けやすいですけど、もうちょっと保つようにできませんか!
包丁で半分に切って、半分ずつ使うと幾らか保ちが長くなります
もっと根本的な解決方を知りたいんですが
グリセリンって知ってるか
ああ、イチ○ク浣腸の主成分のやつですね…って、なんだその、哀れむような視線は!便秘は女性の切り離せない友でしょう!
今時薬局とかだと【手作りコスメに】なんてポップもついてることもあるのに…
薬局でグリセリン見たことないもん
手作りコスメ系では不可欠とも言える材料です。もちろん浣腸にも使える。
まあ、そのグリセリンが手作り石けんには含まれてるんだけど、グリセリンの高い保湿力が空気中の水分まで引き寄せるから、お風呂場とかに置いておくと溶けるのが早いんです

え、でも普通の石けんをお風呂場に置いても溶けないですよね?
工業的に作ってる石けんは、塩析方といって途中で塩を使ってグリセリンを除去しているので、石けんの中にグリセリンは後から添加してない限りほとんど残ってないよ。グリセリン石けん、とわざわざ表記してあるのは後から加えたものだね。
保湿成分なんでしょう?なんでわざわざ分離するの?石けんに入ってたほうがいいじゃないですか
それはコールドプロセスの石けんを使い慣れた人間の理論だなー。普通、固形石けんにいちいち保湿力求めますか
…求めてなかった気がします…
あと、グリセリンは他でも有用で、化粧品や薬品の材料にもなるし。ほら、グリセリン単体で薬局で売ってるくらいだしね。高価だよー
世知辛い!なんだか世知辛い!
ちなみに、よく見かける釜炊き石けんも、この塩析で作られてるからね
手作り石けんって、全部あんなにやわやわでドロドロになって、以下略なものだと思ってました
だから、それはコールドプロセスの手作り石けんだな!あとは私が思うには、純石けんの場合の基準となる、脂肪酸の割合が…
イヤァッ!耳が滑って理解できない!
…えーと、石けんとして見た場合、グリセリンは不純物なんだよ。だから取り除くんじゃないかなーって
はぁ、そういうことですか
でも敢えて油脂分を全部石けんにしたりせずに残したり、不純物どんとこいなのが、私たちの手作り石けんだからねー。全部便利に、は難しいから
そこは目をつぶれよ、と
そんなふてぶてしい顔では言わない。とりあえず、溶けてても石けんだから、そこも使ってくださいと説明するしか
なるほど、で、解決策は
包丁で半分に切って…
最初に戻ってどうするんですか!
華麗なる石けん屋 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。